Instructorsインストラクター

Hiroshiヒロシ

担当

自己紹介

15年ほど前より札幌にてハタヨガを始める。

ほどなくタントラ瞑想系のヨガも始め、東京に戻ったあとアシュタンガ・ヴィンヤーサを始めるも2年ほどしてカラダの使い方の誤りからひどい腰痛を患う。

アイアンガー系のアライメント重視のアーサナを習うことにより、カラダの使い方に理解を深め、腰痛は癒える。

アシュタンガに復帰するも、ティーチャー・トレーニング時に学んだ自由なヴィンヤサに目覚め、気がついたらフリースタイル・ヴィンヤサに。

後に、陰ヨガを学び、腰痛は劇的に改善、ストレッチ系のヨガの奥深さにはまる。

その後、インドでのクライブ・シェリダンのリトリートに参加するようになり、あるがままにインドの聖地で座ることの素晴らしさを知る。

2011年、アレクサンダー・テクニークに出会う。背骨のアライメントを整えるこの技法が、気づきと微細なエネルギーの関係についての理解を深める。

瞑想については、自身の系譜であるアドバイタ・タントラの非二元論の理解の元、クンダリーニ・クリヤ・タントラを10年以上続ける。

現在は、東京や関西などのTTCでプラーナヤーマ・瞑想の講師として活動するほか、ワンダー・ヨーガ・プロジェクツ*のディレクターとして、リトリートやワークショップのオーガナイザーも務めている。

資格等

  • 全米ヨガアライアンス認定 200時間ティーチャーズトレーニング 修了
  • 全米ヨガアライアンス認定 陰ヨガ20時間TTC( S. Powers)
  • 全米ヨガアライアンス認定 陰ヨガ30時間TTC(P. Grilley)修了

メッセージ

さまざまなアーサナを通したカラダの使い方と身体感覚への気づき、さまざまな呼吸法と呼吸への気づき、瞑想時の姿勢の調整、余分な力みを抜くこと、リラックスと集中、マインドの活動への気づき、微細なエネルギーの調整・・・などをヨガを愛する皆さんとシェアしたいと願っています!

Hiroshi
Hiroshi
Hiroshi