堀田義樹『キールタンのリードをしてみよう』講座

KIRTANをリードしてみたい方、楽器を使ってKIRTANの練習をしてみたい方への講座です。
 
月1回、全3回を終了した後には、捧げる場(KIRTAN会)を設ける予定です。
学びの確認でもあり、受け取った学びの循環のきっかけにもなるように。。。
目標をもって真剣に学んでみませんか?
 
KIRTANのリードのために確立された講座は、少ないです。
また単に歌をリードするだけでなく、いつも参加者を引き込み、それぞれの祈りを汲み上げ、美しい祈りの場を作ることができる堀田先生から、KIRTANのリードとは?を学べる貴重な機会です。ぜひリアルでその学びを受け取れる機会にご参加ください。
***********************************
堀田義樹『キールタンのリードをしてみよう』講座
 

開催日時
全3回
 ①2021/8/29(日) ②9/26(日) ③10/24(日)
 各日 10:30~12:30
  
同日「キールタンソングを覚えて歌おう」の開催もあります。
http://biotope-yoga.com/iventws/kirtansongws.html
  
内容
キールタンの場を作りたい、自分でもリードをしたい人のためのクラスです。
ハルモニウム、ギター、ウクレレ、その他なんでも、好きな楽器と一緒にご参加下さい(楽器はあるほうが望ましいですが、なくても受講可能です)
。歌われる言葉の意味、発音、旋律、伴奏の順で、曲の構成と、リードの手法を学びます。
 
インドでキールタンの輪に入ると、人々の声が純粋な祈りの心とひとつであることを、その響きから感じます。
音楽の形を取った「捧げもの」といえるキールタンの伝統を、みなさんと分かち合えれば幸いです。
 
KIRTANとは 
インドの神様の名前やお祈りの言葉をコール&レスポンスで唄う<バクティ>の行為のひとつとして大切に受け継がれてきたもので『うたうヨーガ』とも呼ばれています。
堀田先生の解説 → http://yoshiki-imaginations.hatenablog.jp/entry/2016/11/11/085300
  
<バクティ>とは「献身」。この世界の全ては、何かに支えられていて、自分の身体や心もその中の一つ。その何かに支えられている、という認識の上に感謝が生まれ、その大いなる力を想って行為を捧げること。
 
キールタンはただ歌って、楽しくて、瞑想的なのもの、であるだけではなく、もっと深く意味のあるもの。
『うたうヨーガ』と言われる理合を義樹先生のKIRTANでは感じ取ることができます。祈りを込めて聖なるマントラの音を響かせることで、空間や身体、考えなどにも驚く変化を感じられるでしょう。
 
  
場所
Biotope Yoga Studio
西宮市甲子園口2丁目1番6 重松ビル 3階
(JR大阪駅より各停で4駅:12分、JR甲子園口駅 南口 #スグエキトナリ)
 
定員
8名
 
お申込み
・ご予約フォーム https://forms.gle/fgjYbjLANtKsRQBq6
※お電話・SNSなどのDMでのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。
お申込みいただきました方に、参加方法の詳細などお送りいたします。
  
参加費
全3回 15,000円(税込)
 

ご入金(事前入金)
お申し込み後、1週間以内に返信メールに記載の口座にお振込にてお願いします。
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。ご連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂くこともございますのでご注意ください。
  
 
キャンセル規定
・お振込み後のキャンセルは承れませんが、代理の方の参加は可能です。
  
 
堀田 義樹(Yoshiki Horita)

北海道出身、神奈川県在住。
1998年、ビクターエンタテインメントよりボーカリストとしてデビュー。2004年に独立後は、発声法と呼吸法の指導でも注目を集め、その理論を月刊音楽誌SOUND DESIGNERで長期連載。また、インド伝統の祈りの歌“Kirtan”を日本で広く普及させた第一人者としても知られる。音楽制作、楽曲提供、コンサート、奉納演奏、ワークショップや講座、リトリートでのナビゲーターなど国内外での活動は多岐にわたるが、すべての行ないの中心にあるのは「祈り」そして「共に成長し喜び合えること」。旅、自然を愛し、食、農、環境、よりよい暮らしに関連する交流、コラボレーションもボーダーレスに行なっている。
http://www.imaginations.jp/bio
https://www.morning-lights.net/
http://yoshiki-imaginations.hatenablog.jp

2021 , 07 , 20 09:11