Archives:  リトリート

この夏のKazuya高野山リトリート 5つのおすすめポイント!

2016KOYASAN4-e

この夏のKazuya高野山リトリート 5つのおすすめポイント!

 
昨年までとはまた違う、さらに深く高野山と自分を知れるグレードアップした充実の内容です☆
 

≪Point 1≫

さらに天空へ。知る人ぞ知る最強パワースポット 立里荒神社へのバスツアー


 
昨年までは自由時間に思い思いに観光していただいていましたが、
今年はみんな一緒にマイクロバスに乗って高野山内から更に奥の奥高野と呼ばれる場所(奈良県)
遥か雲の上、標高1260mにある「立里荒神社」へ参拝します。
 
なんといっても、この「立里荒神社」は
1200年前、空海が高野山を密教の聖地として開く際に勧請した神様を今も祀っている
高野山を守る神社。
 
その立地や様々な逸話から‘呼ばれないと行くことができない’と言われています。
そんな特別な場所に皆で一緒に行っちゃいます♪
 
 

≪Point 2≫

間違いなくおもしろい!? 恵光院 副住職による高野山案内


 
お世話になる恵光院のイケメン副住職 説秀さんが高野山を案内してくれます!
 
普通に観光しても見どころいっぱい、国宝級の仏像や建造物がゴロゴロある高野山ですが…
専修学院(お坊さんになるための学校)でも教壇に立たれている副住職から
ためになる密教の教えや謂れを教えていただいたり、
明るくオープンな副住職ですから、、オモシロ話も聞けるかもしれませんw
 
贅沢な観光が待っています!!楽しみ!!
 
 

≪Point 3≫

思い思いに自分のためのプラクティスを深めるために。。。


 
リトリートではよくある「セルフプラクティス」という時間。
正直何をどうやればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?
 
今回は初心者の方でも気負いなく参加していただけるように
『太陽礼拝から始める1日 セルフプラクティスのためのWS』を盛り込みました。
 
ヨガの基本中の基本、太陽礼拝も自分だけでできるように
できる人は質のいいセルフプラクティスができるように
ヒントが散りばめられたこのWSを参考に
3日目朝はセルフプラクティスデヴューしてみてください。
(もちろん、3日目も分からないことは質問してOKです)
 
個人的にどこに旅に出ても、はたまた毎日お家でも
ヨガをもっと身近に習慣的に練習することができるようになると思います。
 
 

≪Point 4≫

静かに坐して「さらに深く…」 瞑想&呼吸法の特別な時間


 
リトリートの最後、自分自身を見つめる静かな時間を過ごします。
3日間の高野山で出会った人や、自然、時間がどんな風に染み込んでいるのか…
 
内なる自分自身と向き合ったり
自分と全てものとの境界線をなくして繋がる心地よさを味わったり
やさしさを広げてみたり、、、
 
聖なる山でKazuya先生のリードによってどんな瞑想体験の時間になるのかはその時その場のライブなお楽しみです♪
 
 

≪Point 5≫

とにかく気持ちよく とにかく楽しく そして感動


 
これ、いつも通りなのですが、、、
高野山は聖地たる澄んだエネルギーで満たされていて清々しく
参加者に細やかに心を配ってくれるKazuya先生との時間は笑いが絶えず楽しすぎます。
 
すーすーはーはー 深呼吸して 体いっぱいに高野山の気持ちの良い気を取り入れながらヨガをして
にこにこけらけら いっぱい笑って ストレス発散!楽しくHAPPYな3日を!!
 
いろんなことが重なって、Kazuya先生と恵光院副住職のお力添えでこのような豪華なリトリートを催行できる運びとなりました。おそらくこれは今回だけの企画になると思います。
 
高野山だからこそ、Kazuya先生のリトリートだからこそ、恵光院さんだからこそ、体験していただける内容のリトリート☆
ぜひお見逃しなく、ご参加ください!!
 
詳細&お申込みはこちらのページから
http://biotope-yoga.com/?p=4194


2016 , 05 , 24 22:29

Koyasan Retreat with Kazuya Yanagimoto 2016

2016KOYASAN2-eye

今年の高野山ヨガリトリートは高野山もヨガも大満喫!!
 
まずは、高野山▲
皆でマイクロバスに乗って、高野山の更に奥、呼ばれないと行くことができないという雲の上の神社、奥高野の立里荒神にも行っちゃいます♪
恵光院の説秀 副住職による高野山案内も!
贅沢すぎる高野山を体験していただけます!!
 
ヨガもたっぷり∞
エネルギーに満ち溢れ、涼しくて気持ちいい、聖なる山での柳本和也先生とのヨガ☆
昨夏よりも1クラス増え、ヨガ初心者の方でも安心して参加していただけるように「セルフプラクティスのためのWS」や
いつも慌ただしくあっと言う間に過ぎてしまう2泊3日を、最後に静かに坐り、振り返ったり、自分を見つめるための「プラナヤマ・メディテーション(呼吸法と瞑想)」の時間もたっぷりと∞
手取り足取り、陰かや陽まで、ヨガを深めていただける充実のクラス内容となっています!

 
お部屋に限りがありますので、今回も定員は30名程度となります。
キャンセル待ち必至の大人気のリトリートです◎お早目にお申し込みください!
 
鬱蒼と生い茂る木々によって隔てられた
山上のサンクチュアリ
天空のまち 高野山
地上に現れた宇宙∞
聖なる山 高野山
 
今回は、高野山もヨガも自分も、、
「さらに天空へ。さらに奥深く。。。」
をテーマにお楽しみください♪
 
世界遺産 高野山の詳しい情報はコチラをご参考に→http://www.shukubo.net/contents/
 
そして今回のリトリートでも新たな繋がり(ヨガ)も楽しみにしています♡
宗教、宗派、人獣の差を問わず全てを受け入れ慈しんできた空海や高野山という地。
それに倣って、ヨガの流派、経験の差を問わずの募集です。
初心者の方も、心配、遠慮せずにご参加ください。
 
今回もまた高野山というという土地と、参加する生徒さん同士や和也先生と、、、皆、深いご縁で繋がっていけますように。。。
 
おすすめポイントはこちらをご連絡ださい→http://biotope-yoga.com/?p=4230
**************************************
Koyasan Retreat with Kazuya Yanagimoto 2016 
 
【開催日】
7月8日(金)、9日(土)、10日(日) (2泊3日)
※今回は1泊のみ、WSのみの参加は募集いたしません。
 
【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html
 
お部屋から美しいお庭が臨め、皆さんとても親切で、とても素敵な宿坊です♪
練習場としてお借りする阿字観道場は、お庭の上に建てられていて、まるで宇宙か海の中でいるような心地になる青の絨毯。そこで戸を開けて、美味しい空気の中でのヨガは格別です☆
 
※このリトリートは現地集合・解散となります。
 
【講師】
柳本 和也 (Kazuya Yanagimoto)
 
【定員】
30名程度 (男女の参加人数により変動あり)
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
【参加費】
早割り 48,000円(5月31日までのご予約)
6月1日~ 50,000円
事前入金制(お申込み日から一週間以内)
 
※参加費に含まれるもの:宿泊費・食事(朝食2・昼食1・夕食2)・奥高野観光バス代・講習代
※参加費に含まれないもの:現地までの交通費・1日目奥の院ナイトツアー代(1,500円・雨天中止の可能性もあるため)
 
【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。
・銀行振込の場合、仮予約された方に振込先をご連絡いたします。
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、自動的にキャンセルとなり、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂きますのでご注意ください。
 
《キャンセル料について》
・5/31まで キャンセル料なし
・6/1~6/15まで 15%
・6/16~6/30まで 30%
・7/1~7/7まで 50%
・当日 100%
 
【お申込み方法】
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
お申込み後、1週間以内にお振込みにて参加費をお支払いください。
お申込みの方にメールにてお振込先をご連絡いたします。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。
※5/3~8は予約受付業務をお休みしておりますので、この間にお申込みいただいた場合は、5/9以降に順次返信となります。
 
●大まかなスケジュール
(天候等により変更となる場合がございます。ワークの内容もその場の流れ等を汲んで変更となることがございます。予めご了承ください。)
 

◆2016/7/8(金)

14:00 集合 オリエンテーション
14:30 ワーク① アサナマンダラWS
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:15 奥の院ナイトツアー
お風呂
23:00 就寝
 
◆2016/7/9(土)
5:00 ワーク②太陽礼拝から始める1日 セルフプラクティスのためのWS
7:30 朝食(精進料理)
9:15 奥高野 立里荒神 バスツアー
12:00 昼食(釜飯)
13:00 恵光院 副住職による高野山案内
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:15 ワーク③アサナマンダラストレッチ
20:30 リラックス交流会
お風呂
23:00 就寝
 
◆2016/7/10(日)
5:00 ワーク④ セルフプラクティス
6:30 朝の勤行(自由参加)
7:00 護摩祈祷(自由参加)
7:30 朝食(精進料理)
10:00 ワーク⑤プラナヤマ・メディテーションWS(呼吸法と瞑想)

 

 
前後、高野山をもっと楽しみたい方は、前泊、延泊等、恵光院さんに直接お問い合わせください。
 
【持ち物】
・上下動きやすい服装(朝晩冷え込むこともあるので、羽織れるものもあればいいです)
・ヨガマット
・筆記用具等
・宿泊準備
※お部屋に備え付けのアメニティ
お部屋:ハンドタオル バスタオル ハブラシセット 浴衣 丹前 セーフティーボックス
大浴場:ボディーソープ リンスインシャンプー 石鹸 ドライヤー
 
【アクセス】
南海電鉄 難波駅から 高野線 高野山駅までは、
特急で1時間30分(1日4本程度)
急行で1時間50分(40分毎発車)
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩2分
 
昨年の高野山リトリートの様子はコチラ!→http://biotope-yoga.com/?p=3231
 
【講師プロフィール】
『柳本 和也/Kazuya Yanagimoto』

 
4歳から少林寺拳法やサッカー、1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。
サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。
帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。
IYCティーチャートレーニング修了。
2010年インドゴアにて、Rolf&Marciに師事。
2010年Chuck&Mati ティーチャートレーニング修了。
2009~2013年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。
2008~2013年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。
2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにで講師を務める。
2013年 ジャマイカで行われた、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。ソウルで行われたコリアンヨガカンファレンスにて講師を務める。
 
ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベント・ワークショップ等にも積極的に参加し活動中。また、日本各地、海外でkazuya yanagimotoによるリトリートも開催。
 
HP http://kazuyayoga.com
udaya yoga studio 主宰 http://udaya.jp/


2016 , 04 , 29 13:36

柳本和也×長屋和哉 寿ぐ冬の高野山リトリート

冬高野山2-eye

前回大好評でした長屋和哉さんの音と柳本和也先生のヨガのコラボ
in 地上に現れた宇宙∞ 聖なる山 高野山!!
 
次のコラボはいつ???とお問い合わせもたくさんいただいていたのですが、
2016年2月、真冬の高野山で開催することになりました!!
 
冬の高野山が、もっとも高野山らしく、密教の聖地の趣を増す静謐な時間が流れています。
空海も修行の場として一番の季節と、好んで冬に高野山を訪れておりました。
高野山好きは冬の高野山を一番オススメします!

 
柳本和也先生によるヨガ「Asana Mandala」と
長屋和哉さんによる音楽「瞑想LIVE ミトラの夢」
 
ミトラとは太陽神の名前で、密教のマンダラの中心の大日如来、などと、、、
「太陽」がテーマのリトリートとなりそうです。
 
冬の高野山という特別な場所で、
丸く明るく輝く太陽の光をいつも以上に有難く感じながら
空からの白い雪のように降り注ぐ音の中で
様々な「マンダラ=聖なる円・輪」を描きながらのリトリートは特別なものになると思います。
 

前回参加した方はもう十分分かっていただけたと思いますが、
シンギングボウルなど金属製の仏具や祭祀楽器を使用して演奏される長屋さんの音楽はとても瞑想的でヨガと相性がいいです。
長屋さんの音の中での和也先生リードのコラボヨガWSでは
「いつもよりずっと気持ちよくポーズができた!」などなど、その効果の感想もいただきました。

 
お二方の類まれなる豊かな独自の感性。
それを音や動きで心や身体の中に取り込んで、
寒さの中でも、皆でほっこりと?もしくは、熱く!温かな輪を囲みましょう◎

 

白く冷たく澄んだ空気と
内側から溢れる自分と周りの人の温かさ
その境界線が混じり合うとき、
どんな感覚や感情が沸き起こってくるのか。。。
楽しみです!!
 
今回のリトリート名に使った「寿ぐ(ことほぐ)」とは、「言祝ぐ」とも記され、
「よい結果が得られるように、祝福のことばを唱える」という意味です。
おめでたい言葉を口にするときっと本当に幸せが訪れる☆
皆で、「幸せやな~」とおめでたい言葉をいっぱい口にして 真っ白な冬の高野山でぬくぬくしましょう♡
そして幸福な春が訪れるのを待ちましょう。
 
ヨガ初心者の方も、心配、遠慮せずにご参加ください。一緒に貴重な体験をしてください。
 
昨年のコラボリトリートの様子↓↓↓
1日目https://www.facebook.com/media/set/?set=a.636257139825305.1073741868.253474434770246&type=1&l=83ea839d8d
2日目https://www.facebook.com/media/set/?set=a.636857543098598.1073741869.253474434770246&type=1&l=b92b4f2b89
3日目https://www.facebook.com/media/set/?set=a.637960172988335.1073741870.253474434770246&type=1&l=6389b1d7da
**************************************
長屋和哉コラボ《寿ぐ冬の高野山リトリート》 
 

 

【開催日・時間】
2016年2月26日(金)、27日(土)、28日(日) (2泊3日)
1泊での参加、WSやライブのみの参加も可。
※但し、2/12(金)までは、宿泊あり2泊の方→1泊の方→宿泊なしの方の順で優先的に受付します。

 

【講師】
柳本 和也(Kazuya Yanagimoto)
長屋 和哉(Kazuya Nagaya)

 

【定員】30人(男女の参加人数により変動あり)
(リトリート最少催行人数 18人)
 

【参加費】   早割→1月10日までのご予約
▲2/26~28 2泊3日   (①②③④⑤⑥のワークに参加)

早割り 53,000円  1/11~ 55,000円
▲2/26~27 1泊2日  2/27 14:15終了 (①②③④のワークに参加)
 30,000円 

▲2/27~28 1泊2日  2/27 12:30集合 (④⑤⑥のワークに参加)
31,500円 
 
▲WSのみ参加 各WS 10分前集合 

 

【お申込み方法】

・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com

以下を必ず明記してください。
・お名前
・希望の参加スケジュール(例;2/26~28 2泊での参加希望。 2/26~27 1泊での参加+希望。 2/27 ライブのみ参加希望。・・・など)
・お電話番号
・ご友人等とご一緒に参加される場合はその旨(お部屋割の際の参考にさせていただきます)

※携帯のアドレスでご予約の方は、必ずinfo@biotope-yoga.comからの受信許可設定をしてからお申込みくださいませ。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。

 

【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。
1泊のみ参加ご希望の方は、2泊優先期限後、参加確定後にご連絡いたしますので、その後一週間以内にお支払をお願いいたします。
・銀行振込の場合、仮予約された方に振込先をご連絡いたします。ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂くとがございますのでご注意ください。
※参加費に含まれるもの:宿泊費・食事(朝食・夕食)・WS・ライブ参加費
※参加費に含まれないもの:交通費、昼食代(各自自由に)
※このリトリートは現地集合・解散となります。
※お部屋は相部屋となります。予めご了承ください。

 

【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html
 

《キャンセル料について》
・1/10まで キャンセル料なし
・1/11~1/31まで 10%
・2/1~2/15まで 30%
・2/16~22まで 50%
・2/23以降 100%

 

●大まかなスケジュール(変更となることがございます。予めご了承ください。)

◆2016/02/26(金)
13:45  集合
14:30  オリエンテーション (自己紹介等)
14:45  ①Kazuya Yoga WS
16:30  阿字観瞑想(自由参加)
17:30  夕食(精進料理)
19:00  ②長屋和哉Talk〜シンギングボウルの演奏法と音の不思議
23:00  就寝

 

◆2016/02/27(土))
6:00   ③セルフプラクティス(自由参加)
     この間、下記のお寺の行事に参加もOKです。
 7:00  朝の勤行(自由参加)
 7:30  護摩祈祷(自由参加)
8:00  朝食(精進料理)
自由時間~ 昼食等各自
12:45  ④ 瞑想Live〜ミトラの夢
14:45  ⑤ 柳本和也・長屋和哉 コラボWS
16:30  阿字観瞑想(自由参加)
17:30  夕食(精進料理)
19:00  リラックス交流会

 

◆2016/02/28(日)
7:00  朝の勤行(自由参加)
7:30  護摩祈祷(自由参加)
8:00  朝食(精進料理)
10:30 ⑥Asana Mandala WS
13:00  解散

 

【内容詳細】
<Kazuya Yoga WS>
寿ぐ冬の高野山の幕開けに☆
この日、この時、冬の高野山に集まったメンバーに合わせて、、最適のヨガを和也先生のリードで行います。
到着後、長旅で疲れた身体を解しながら、まずはヨガであたたまりましょう。

 
<長屋和哉Talk〜シンギングボウルの演奏法と音の不思議>
シンギングボウルの演奏法の初歩を解説、指導しながら、音にまつわる様々なエピソードを語ります。
シンギングボウルを中心に、聴こえる音、聴こえない音、倍音etcについて質疑も交えてのトークになります。
 
国際シンギングボウル協会の顧問も務められる長屋さんから、直々に教えていただける貴重な機会です!
 
シンギングボールとは?(国際シンギングボウル協会HPより)
********************************
シンギングボウルは小さな宇宙
シンギングボウルは、チベット仏教をベースにした宇宙観が製造段階から反映されており、音を奏でるマンダラのひとつ、とも言えます。シンギングボウルには7種類の金属が含まれているといわれますが、これは太陽系の惑星と関連し、
シンギングボウルは、自分の心に向かい合う時間が少ない、現代生活を送っている多くの人にとって、大変深い癒しになるだけでなく、心身に調和を呼び戻し、自分自身を見出す心の鏡の役割を果たしてくれます。まさに、現代人のための「音の智恵」といえるでしょう。
 
<セルフプラクティス>
自由参加、自由なスタイルでのアサナの練習、瞑想などを各自で行い、
それを和也先生が、見守り、アジャストやアドバイスを交えて指導してくれます。
 
リトリート時期の高野山の日のでは6:30ごろです。
インドでも神々が更に上位の神々に祈りを捧げるという時間帯。
高野山でも117ヵ寺あるという各お寺や奥の院空海の御廟で朝の読経が行われ、高野山全体が祈りに染まる時間帯です。
太陽が昇る前の暗闇から太陽が昇り始め、光と暖かさが満ちていくこの神聖な時間帯、澄み切った空気の中での練習を体験してみてください。
 
<瞑想Live〜ミトラの夢>

冬の語源は「殖ゆ(ふゆ)」といわれ、それはみずみずしい魂が勢いを増すという意味を持っている。
冬はもともと冬至を挟んだ短い期間のことであり、そうであるならば、太陽がもっとも衰えるこの時に「殖ゆ」の行事が行なわれたことは、太陽信仰に由来するのだろう。
まるで何もかもが死に絶えてしまうような冬の光景。高野山のような場所では、すべてが雪に埋もれ、あらゆる生命は息をひそめる。空は透明で、「永遠」のように沈黙する。
そして太陽は、そこから蘇ってくる。
私たちは春に焦がれ、春を待つ。太陽によって、あらゆるものに宿る生命の力がみなぎってくる時を待ち、冬の祭祀を行なう。クリスマスを祝い、キリストの誕生を祝うのも、その原型は冬の祭祀であり、古代の太陽神、ミトラに由来している。
そして私たちは、今なお古代の人々のような感受性を身体に宿し、冬からやがて春になる予兆を、もっとも凍え、そうであるからこそもっとも美しいこの季節に感じている。
もっとも美しい季節。冬の高野山。
ここで私たちは、まだ見ぬ春を迎える。

 
<コラボWS《寿ぐ冬の高野山》>
長屋さんの演奏の中で、和也先生リードでヨガをします。
長屋さんが響かせる音も、和也先生が繰り出すヨガの流れも、全てがその場でその瞬間生み出される即興でのWSです。
 
高野山、音、ヨガ、そして参加者の人のエネルギー、全てが一つになったとき、
いったいどんな感覚や感情が湧きあがってくるのか、
どんな空気に包まれるのか。。。
このリトリートでのメインWSとなります。
 

<アサナマンダラ>

密教での瞑想の道具、仏の世界図『曼荼羅(マンダラ)』を描くように、フローの中でマットの上に様々な「マンダラ=聖なる円・輪」を描いていきます。
身体の中の一つ一つの細胞から、宇宙に軌道を描く星々まで、全ては円形・輪で成り立っています。
果てしなく循環する日々や四季、生と死、といった時間もまた円環によって表されます。
和也先生の、生徒の身体の感覚を読み取る鋭い感性とリードによって、その円を描きながらバラバラに解されていく身体の各部位。
それを再び統合させて、快適で安定したアーサナに辿り着いていきます。
肩や股関節、背骨・・・と各部位に描き出したマンダラを、身体全体に展開し、
もはや単なる絵図ではなく心身そのものをマンダラ化していくように・・・
また、マンダラは、マンダ(真髄・本質)+ラ(得る)=「本質を得る」すなわち「悟りの境地」を表現したもの。
アサナマンダラを用いたゆったりとした深い呼吸とともに流れる動きの中で、深く神秘的な身体や心の内側へと眼を開いていきましょう。

 
【持ち物】
・上下動きやすい服装(ヨガ中も羽織れるもの必須)
・ヨガマット
・筆記用具等
・シンギングボール(②のTalk時など長屋さんから指導を受けたい方はお持ちいただいてもいいかと思います)
・宿泊準備
 
※お部屋に備え付けのアメニティ
お部屋:ハンドタオル バスタオル ハブラシセット 浴衣 丹前 セーフティーボックス
大浴場:ボディーソープ リンスインシャンプー 石鹸 ドライヤ
 

【アクセス】
南海電鉄 難波駅から 高野線 高野山駅までは、
特急で1時間30分(1日4本程度)
急行で1時間50分(40分毎発車)
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、すぐ

 

【講師プロフィール】
『長屋 和哉/Kazuya Nagaya』

写真:Georges Karam
これまでに7枚のオリジナルCDをリリース。 初期の3枚「うつほ」「千の熊野」「魂は空に 魄は地に」は修験の聖地・吉野を拠点に制作された吉野3部作で、極限まで音を削り込んだ静寂の余韻を特徴としている。ストイックで凛と張りつめた気配が漂うアルバム群。
その後、八ヶ岳に拠点を移し、「シークレットライム」「すべての美しい闇のために」「イリュミナシオン/冥王星」「サレントガーデン」をリリース。
2007年公開「地球交響曲第6番」に出演。
同年、エッセイ集「すべての美しい闇のために」(春秋社刊)を上梓。
2011年、ドイツのレーベルMINUSより、「うつほ」を再リリース。
同年、Plastikman(a.k.a.Richie Hawtin)の『Arkives』にリミキサーとして参加(MINUSよりリリース)。
同年10月、イタリアのレーベルCOGNITO PERCEPTIより、『On Lotus』のリリース。
2006年より(株)星野リゾートにおける最重要ホテル『星のや軽井沢』の音楽を作曲、総合プロデュース。
 

ライブはアコースティックな楽器で構成されており、ゴングやおりん、シンギングボウルなどアジア全域に広がる金属製の仏具や祭祀楽器を主に使用する。 CD作品ではその他にギターやシンセサイザーなど様々な楽器を奏でる。 ライブ活動は多岐に渡り、演奏会場としてコンサートホールの他に多くの神社仏閣でも行なっている。コラボレーションでは、近藤等則(トランペット)、おおたか静流(歌手)、スーザン・オズボーン(歌手)、カール・ストーン(音響)、ボブ・サム(神話語り)、山口小夜子(ダンス)、チベット密教僧等幅広い。
 

楽曲の多くをテレビや映画に提供している。
映画では「ガイアシンフォニー第4番」(監督・龍村仁)のオープニングテーマ、「ガイアシンフォニー第5番」「ガイアシンフォニー第7番」のオープニングテーマ、「WA」(監督・Jorge Abarca メキシコ映画)。 テレビでは「世界遺産(熊野・吉野編)」など数多い。
また、長屋の音の魅力を追求したドキュメンタリー「神々の響きを求めて 熊野・千年の時を超えてこだまする音」(BS-i)に出演し、反響を呼んだ。
画家、横山大観の水の一生を描く大作「生々流転」をテーマにした作曲でHollywood Radio & Television SocietyよりIBA(国際広告賞)Best Use of Sound Finalist賞を贈られる。
創作は音楽だけにとどまらず、1987年には小説「インディオの眩しい髪」で文芸春秋文学界新人賞佳作を受賞している。濃密かつ力強い世界を言葉によっても紡ぎ出している。
2014年4月 CD付書籍 『ナヘルの鐘』を出版 →Amazon
 

HP http://www.ame-ambient.com/
blog http://rhyme.exblog.jp/
 
 
『柳本 和也/Kazuya Yanagimoto』

 

4歳から少林寺拳法やサッカー、1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。
サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。
帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。
IYCティーチャートレーニング修了。
2010年インドゴアにて、Rolf&Marciに師事。
2010年Chuck&Mati ティーチャートレーニング修了。
2009~2015年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。
2008~2015年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。
2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにて講師を務める。
2013年 ジャマイカで行われた、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。ソウルで行われたコリアンヨガカンファレンスにて講師を務める。
2015年~ 経験をベースに独自のメソッドを活かした「Asana Mandala」Teachers Training を開催
 

ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベント・ワークショップ等にも積極的に参加し活動中。
また、日本各地、海外でkazuya yanagimotoによるリトリートも開催。
 

HP http://kazuyayoga.com/
 

長屋和哉写真:Hideya Yamamoto


2015 , 12 , 01 19:54

Kazuya Yanagimoto Koyasan Retreat 2015

2015高野山リトリート-e

今年もやります!素晴らしい体験が盛りだくさんの高野山ヨガリトリート∞
 
今年は何といっても、高野山が開創1200年で、施設など様々なものが充実されて
また去年とは違った様子を見せてくれると思います。
 
高野山ならではの体験も去年よりも参加してもらえるように、スケジュールを組みました。
去年のスケジュールはヨガをメインに。。。でしたが、
今年は1200年の記念すべき年なので、高野山も満喫していただきます◎
 
去年は朝ヨガをやっていたちょうどその時刻、
高野山の奥の院では弘法大師空海への朝のお勤めが執り行われています。
今年はその奥之院での勤行に参加し、泊まりでないとできない高野山体験を。。。
とても神秘的な空間・時間がそこには漂っています∞
夜は恵光院で「月輪観瞑想」も教えていただきます∞
 
もちろん、エネルギーに満ち溢れ、ヨガに最適な、聖なる山での柳本和也先生のヨガも!
存分にお楽しみくださいね☆
高野山でのヨガは、本当に気持ちがいいです!
 
お部屋に限りがありますので、今回も定員は30名程度となります。
キャンセル待ち必至の大人気のリトリートです◎お早目にお申し込みください!
 
鬱蒼と生い茂る木々によって隔てられた
山上のサンクチュアリ
天空のまち 高野山
地上に現れた宇宙∞
聖なる山 高野山
Kazuya先生とのヨガの実践は私たちにどんな気づきを今年は与えてくれるでしょうか?
 
今回のキャッチコピーに使用した
「悟りとは、ありのままの自分を知ることなり」
 
これは真言密教の根本経典「大日経」の教えです。
高野山では、ヨガをしながら、、目を瞑って座しながら、、一人のゆっくりした時間をもったり、高野山の自然の中を歩きながら、、、
様々な状況を楽しみながらも、ぜひ自分をみつめる時間を持ってみてください。
 
世界遺産 高野山の詳しい情報はコチラをご参考に→http://www.shukubo.net/contents/
 
そして今回のリトリートでも新たな繋がり(ヨガ)をぜひ見つけてくださいね。
空海は、宗教、宗派、人獣の差を問わず全てを受け入れ慈しんできました。
それに倣って、ヨガの流派、経験の差を問わず募集いたします。
初心者の方も、心配、遠慮せずにご参加ください。
去年もヨガが初めての方も参加してくださっていました♪
 
また、高野山というという土地と、参加する生徒さん同士や和也先生と、、、皆、深いご縁で繋がっていけますように。。。
 
**************************************
Kazuya Yanagimoto Koyasan Retreat 2015 
 
【開催日】
7月18日(土)、19日(日)、20日(月祝) (2泊3日)
 
【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html
 
お部屋から美しいお庭が臨め、皆さんとても親切で、とても素敵な宿坊です♪
練習場としてお借りする阿字観道場は、お庭の上に建てられていて、まるで宇宙か海の中でいるような心地になる青の絨毯。そこで戸を開けて、美味しい空気の中でのヨガは格別です☆
 
【講師】
柳本 和也 (Kazuya Yanagimoto)
 
【定員】
30名程度 (男女の参加人数により変動あり)
※お陰様で満席となりました。ご参加ご希望の方は、キャンセル待ちにて受付いたします。
 
【参加費】
早割り 45,000円(5月31日までのご予約)
6月1日~ 47,000円
事前入金制(お申込み日から一週間以内)
 
【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。
・銀行振込の場合、仮予約された方に振込先をご連絡いたします。
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、自動的にキャンセルとなり、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂きますのでご注意ください。
※参加費に含まれるもの:宿泊費・食事(朝食2・夕食2)・講習代
※参加費に含まれないもの:交通費、昼食代(各自自由に)
※このリトリートは現地集合・解散となります。
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
《キャンセル料について》
・5/31まで キャンセル料なし
・6/1~6/18まで 10%
・6/19~7/2まで 15%
・7/3~7/17まで 50%
・当日 100%
 
【お申込み方法】
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
お申込み後、1週間以内にお振込みにて参加費をお支払いください。
お申込みの方にメールにてお振込先をご連絡いたします。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。
 
●大まかなスケジュール
(天候等により変更となる場合がございます。ワークの内容もその場の流れ等を汲んで変更となることがございます。予めご了承ください。)
※起床から朝のワーク終了までは、「マウナ」(サイレント:沈黙行)の時間:会話(携帯も含む)は禁止となります。
 

◆2015/7/18(土)
14:00 集合 オリエンテーション
14:30 ワーク➀
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:15 座学・懇親会
お風呂
23:00 就寝
 
◆2015/7/19(日)
5:15 奥の院、朝餉、勤行
8:00 朝食(精進料理)
10:30 ワーク➁ アサナマンダラ
12:30 自由時間
昼食 (各自)
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:15 ワーク➂ リラックス系
20:15 月輪観瞑想
お風呂
23:00 就寝
 
◆2015/7/20(月祝)
5:00 ワーク➃
6:30 朝の勤行(自由参加)
7:00 護摩祈祷(自由参加)
7:30 朝食(精進料理)
10:00 チェックアウト(解散)

 
前後、高野山をもっと楽しみたい方は、前泊、延泊等、恵光院さんに直接お問い合わせください。
 
【持ち物】
・上下動きやすい服装(朝晩冷え込むこともあるので、羽織れるものもあればいいです)
・ヨガマット
・筆記用具等
・宿泊準備
※お部屋に備え付けのアメニティ
お部屋:ハンドタオル バスタオル ハブラシセット 浴衣 丹前 セーフティーボックス
大浴場:ボディーソープ リンスインシャンプー 石鹸 ドライヤー
 
【アクセス】
南海電鉄 難波駅から 高野線 高野山駅までは、
特急で1時間30分(1日4本程度)
急行で1時間50分(40分毎発車)
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩2分
 
昨年の高野山リトリートの様子はコチラ!→http://biotope-yoga.com/?p=3231
 
【講師プロフィール】
『柳本 和也/Kazuya Yanagimoto』

 
4歳から少林寺拳法やサッカー、1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。
サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。
帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。
IYCティーチャートレーニング修了。
2010年インドゴアにて、Rolf&Marciに師事。
2010年Chuck&Mati ティーチャートレーニング修了。
2009~2013年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。
2008~2013年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。
2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにで講師を務める。
2013年 ジャマイカで行われた、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。ソウルで行われたコリアンヨガカンファレンスにて講師を務める。
 
ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベント・ワークショップ等にも積極的に参加し活動中。また、日本各地、海外でkazuya yanagimotoによるリトリートも開催。
 
HP http://kazuyayoga.com
udaya yoga studio 主宰 http://udaya.jp/


2015 , 04 , 09 00:41

'