Archives:  リトリート

Biotope 屋久島リトリート with 堀田義樹

世界遺産にも登録され、深い緑の苔むす森や太古の昔から樹立する縄文杉などで有名な屋久島。普段の生活で聞こえている音の代わりに、大地や木々や岩、そして島に満ちている水が発する音が聞こえてきます。屋久島のみずみずしく強いエネルギーは、全てのものを浄化し、Powerチャージしてくれます。願いごとが本島の7倍のスピードで叶うとも言われているそうです。
 
そんな屋久島を、愛して、愛して、愛してやまないという堀田義樹先生にご案内いただいて、この夏、リトリートをします。堀田先生は、Biotopeでも何度かリードしてくれたキールタン(インドのお祈りの歌を捧げるうたうヨーガと呼ばれるもの)や声にまつわる様々な講座を開催し、日本や世界で活躍されているのですが、自然愛好家でもあり、屋久島で何度もリトリートをされています。

 
リトリートの一日は、朝日と共に自分と向き合うヨーガの時間からスタート。日中は、屋久島の森や水に入って全身全霊で遊び、日が暮れてきたら、星空の下で一緒に声を合わせてキールタンをしたり、芝生で飲みながら語り合ったり… 贅沢な時間を朝から晩まで一日中満喫しましょう。
 

●ヨーガ

早朝、インドでは神々がさらに上位の神に祈りを捧げるといわれる、一日の中で最も神聖な時間帯。宿の前の芝生で、空と海を見ながら行います。刻一刻と表情を変え、黒から紺、紫、オレンジ、そして水色へと多彩なグラデ ーションに染まりながら次第に明るくなっていく様は、この世界に祝福の火が灯っていくようです。水平線に日が昇る 、その決定的な瞬間に手を合わせながらヨガをしましょう。間違いなく気持ちいいです!
リードはTakakoが、参加者のレベルに合わせて行います。
 
●チューニング

音の世界の堀田先生は「場とチューニングする」ということをよくお話しされるのですが、それはヨガでいう調和(ダルマ)。自分がなくなってもそれは同化だし、境界線がありすぎても和むことはないでしょう。
太陽や星、空や海、川や滝や、木々や草花や大地、動物たちや虫たち…そして人、声。あらゆるものに対して目を向け、耳を傾け、皮膚を和ませ、心をひらき、大切にハーモニーを奏でていく。
現れた全てを楽しみながら、堀田先生のリードで、キールタンも、屋久島の自然もたっぷりと謳歌しましょう。
 

●食事

リトリートを特別なものにする大切な1ピース。お世話になるモスオーシャンでは、島の食材を心を込めてシンプルに丁寧に料理した屋久島の季節とつながるメニューがいただけます。しかも、広い空の下180度海が見渡せるデッキで、輝く朝の空気の中や煌めく星空の下という最高のシチュエーションで!
皆で同じごはんを囲んで、感謝や祈りをこめながら、丁寧においしい旅の醍醐味を味わいましょう。
 

屋久島で過ごす全てがまさにヨーガ。
屋久島リトリートでの時間は本当にどの瞬間もスペシャルで、そこから得られる何かもきっとまた帰ってからの生活や人生を豊かにしてくれるでしょう。

 

日程
2019/8/16(金)~8/19(月)(3泊4日)
 
場所
屋久島 ※このリトリートは現地集合・解散となります。
 
宿泊先:Moss Ocean House
鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生311-91
https://www.moss6.com/
 
ガイド
自然&キールタン 堀田 義樹 (Yoshiki Horita)
ヨーガ 田中 貴香子(Takako Tanaka)
 
定員
11名程度(男女の参加人数により変動あり)
※満席
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
参加費
84000円(税込)
※参加費に含まれるもの:宿泊費・食事(1日目 夕食/2・3日目 朝夕食/4日目 朝食)・WS参加費・レンタカーを含む島内移動費・入林協力金
※参加費に含まれないもの:現地までの交通費・参加費に含まれない飲食代、お土産代など
 
お申し込み後、お振込かでお願いします。(お申込みされた方に振込先をご連絡します。)
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。ご連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂くこともございますのでご注意ください。
クレジットカード決済(PayPal)も可能です。(手数料 ¥3,179 が加算となります。)ご希望の方はお申込み時にご連絡ください。

 

 キャンセル規定
・ご入金後のキャンセルは原則返金できませんので、ご了承ください。
 
 お申込み方法
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
※返信メールを受け取るアドレスは、必ず携帯のアドレス以外をご入力ください。携帯アドレスにはこちらからのメールが届きません。
 

大まかなスケジュール
(天候等により変更となる場合がございます。ワークの内容もその場の流れ等を汲んで変更となることがございます。予めご了承ください。)
◆2019/8/16(金)
12:30 屋久島空港 集合
 11:20 鹿児島 → 12:00屋久島の飛行機(JAL)に合わせて集合します。
 フェリーで到着の方はご相談ください。
益救(やく)神社参拝
☆屋久島遊び
夕食
キールタンやサットサンガなど
 

◆8/17(土)& 18(日)
早めに起床
日の出を見ながらヨガ
朝食
☆屋久島遊び
夕食
キールタンやサットサンガなど
 
◆8/19(月)
朝ヨガ
朝食
☆屋久島遊び
12:00 屋久島空港 解散
 12:30 屋久島 → 13:05 鹿児島の飛行機に合わせて解散します。
 
☆屋久島遊び は、
天候やタイミング、参加者の体調などに合わせて堀田義樹先生がアレンジしてくださいます。
川遊び、滝つぼプール、秘密のスポット、森歩き、夕陽スポット、温泉...etc.
 

持ち物
雨具・山歩き用の靴・山歩き用の服・リュック・帽子
(山用のものはレンタルも可能です。参考:レンタルの山下 https://yakushima-rental.com/
ヨガマット・レジャーシート
水着(数回入りますので、2着以上あればいいですが、洗濯ももちろん可能です。)
水筒・虫よけ・日焼け止め
その他、パジャマ、着替えなど各自必要なもの。

 

<宿に備え付けの備品>
バスタオル、フェイスタオル、ドライヤー、シャンプー、リンス、湯沸しポット、お茶、コップ、冷蔵庫、洗濯機
 

屋久島までの交通
夏休み中ですし、参加を決定したらお早目に手配してください。航空券は早いほどお得です。

飛行機
伊丹空港 or 鹿児島空港 or 福岡空港 →→→ 屋久島空港
 
・Skyticktなどのサイトから検索するとわかりやすいです。
https://skyticket.jp/
 

鹿児島から船

鹿児島本港南埠頭 種子・屋久島高速船ターミナル →→→ 屋久島・宮之浦港行き。
高速船ターミナルは鹿児島空港から約55分。
 
・高速船 トッピー&ロケット(鹿児島 ←→ 屋久島)
https://www.tykousoku.jp/fare_time/kagoshima_yakushima.html
・高速船のりば案内
https://www.tykousoku.jp/dock/
 
 
堀田 義樹(Yoshiki Horita)

 

北海道出身、神奈川県在住。1998年、ビクターエンタテインメントよりボーカリストとしてデビュー。2004年に独立後は、iMAGINATIONS名義でのソロワークの他、声を通して本来の自分を開くレッスンや、インド伝統の祈りの歌キールタンを広く紹介するなど、日本各地、海外にも活動の場を広げている。音楽制作、コンサート、ナレーション、神前での奉納演奏、ワークショップや講座、国内外リトリートでのナビゲーターと活動は多岐に渡るが、すべての行いの中心にあるのは「祈り」そして「共に成長し喜び合えること」。旅、自然を愛し、食、農、環境、生き方に関連する交流、コラボレーションも積極的に行なっている。
HP https://www.morning-lights.net/
blog http://yoshiki-imaginations.hatenablog.jp
 
田中 貴香子(Takako Tanaka)

 
Biotope Yoga Studio 主宰。
腰椎椎間板ヘルニアの痛み改善のために始めたYOGAで、その効果や心地よい感覚、自分の身体や心がどんどん変化していく楽しさ、たくさんの素敵な人たちとの繋がり・・・様々なYOGAの魅力の虜になり、YOGAの道の大きな流れに導かれ、2012年に「Biotope Yoga Studio」を兵庫県・西宮にOPEN。どんな人も自然な“ありのまま”の自分の価値に気づき、リラックスしてYOGAを楽しんでほしいという思いから、スタジオでは初心者から経験者まで多種多様な内容のクラスやWS、リトリートを開催。近年はインドに通い、ヴェーダーンタなど生き方としてのYOGAを学ぶことを主軸に深めている。
http://biotope-yoga.com

2019 , 05 , 09 15:38

高野山リトリート2019夏 with Kazuya Yanagimoto

和也先生の高野山リトリート、今年は夏の開催です。
夏の高野山は本当に最高!
 
今回は高野山の森の中でYOGAも♡
森林セラピーってご存知でしょうか?
森の中で過ごすだけでもマイナスイオンもいっぱいでとても心地よいのですが、
そこでのKazuya先生リードのヨガは、絶対に気持ちいいですし、間違いなく楽しいです♪
 
昔々空海の時代から祈りが続いている聖地 高野山は世界遺産に登録され、世界各国から高野山を訪れる観光客は春夏秋冬絶えないですが、森の中はまだまだ人も少なく聖地が聖地たる空気も存分に感じられます。
(森林セラピーでは、今も空海が瞑想する奥の院も通り特別な場所へと連れて行ってもらいます。)

 
いつもの恵光院さんでの早朝ヨガや阿字観瞑想、サットサンガなどももちろん楽しんでいただけます。
3日間で受けられるヨガWSは6つ。そしてKazuya先生とヨガの話をするサットサンガもあって大充実です!

 
日常を離れ、リトリートという機会だからこそ、得られる気づき、繋がり。
ヨガの初心者の方も、インストラクターの方も、いつもヨガの経験なく皆で楽しくヨガを深めています。
その時、その場に現れるキセキを味わいましょう。
 
 
世界遺産 高野山の詳しい情報はコチラをご参考に→http://www.shukubo.net/contents/

**************************************
高野山リトリート2019夏 with Kazuya Yanagimoto

 

【開催日】
7月26日(金)、27日(土)、28日(日) (2泊3日)
 
【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html
 
お部屋から美しいお庭が臨め、皆さんとても親切で、とても素敵な宿坊です♪
練習場としてお借りする阿字観道場は、お庭の上に建てられていて、まるで宇宙か海の中でいるような心地になる青の絨毯。そこで戸を開けて、美味しい空気の中でのヨガは格別です☆

 
※このリトリートは現地集合・解散となります。
 
【講師】
柳本 和也 (Kazuya Yanagimoto)
 
【定員】
30名程度 (男女の参加人数により変動あり)
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
【参加費】
早割り 53,000円(6月17日までのご予約)
通 常 55,000円(6月18日~)
事前入金制(お申込み日から一週間以内)
 
※参加費に含まれるもの:宿泊費・食事(朝食2・昼食1・夕食2)・森林セラピーガイド+保険代・WS参加費
※参加費に含まれないもの:現地までの交通費・観光費
 
【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。
・銀行振込の場合、仮予約された方に振込先をご連絡いたします。
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、自動的にキャンセルとなり、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂きますのでご注意ください。
 
《キャンセル料について》
・6/17まで キャンセル料なし
・6/18~6/30まで 15%
・7/1~7/10まで 30%
・7/11~7/25まで 50%
・当日 100%
 
【お申込み方法】
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
お申込み後、1週間以内にお振込みにて参加費をお支払いください。
お申込みの方にメールにてお振込先をご連絡いたします。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。
 
【大まかなスケジュール】
(天候等により変更となる場合がございます。ワークの内容もその場の流れ等を汲んで変更となることがございます。予めご了承ください。)
 
◆2019/7/26(金)
14:00 集合 オリエンテーション
14:30 ワーク① アサナマンダラWS
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:00 ワーク② アサナマンダラストレッチ

 
◆2019/7/27(土)
5:00 ワーク③ アサナマンダラフロー
6:30 恵光院 朝の勤行
7:00 護摩祈祷
7:30 朝食(精進料理)
9:30 森林セラピー& 
     ワーク④森ヨガ・瞑想
森の中で昼食(精進弁当)
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:30 サットサンガ

 
◆2019/7/28(日)
5:00 ワーク⑤ セルフプラクティス(マイソールスタイル)
6:30 恵光院 朝の勤行 (自由参加)
7:00 護摩祈祷 (自由参加)
7:30 朝食(精進料理)
9:30 ワーク⑥ プラーナヤーマ・メディテーションWS(呼吸法と瞑想)
11:30 解散

 

【クラス内容】

<アサナマンダラ>
密教での瞑想の道具、仏の世界図『曼荼羅(マンダラ)』を描くように、フローの中でマットの上に様々な「マンダラ=聖なる円・輪」を描いていきます。
身体の中の一つ一つの細胞から、宇宙に軌道を描く星々まで、全ては円形・輪で成り立っています。果てしなく循環する日々や四季、生と死、といった時間もまた円環によって表されます。
和也先生の、生徒の身体の感覚を読み取る鋭い感性とリードによって、円を描きながらバラバラに解されていく身体の各部位。それを再び統合させて、快適で安定したアーサナに辿り着いていきます。肩や股関節、背骨・・・と各部位に描き出したマンダラを、身体全体に展開し、もはや単なる絵図ではなく心身そのものをマンダラ化していくように・・・
 
また、マンダラは、マンダ(真髄・本質)+ラ(得る)=「本質を得る」すなわち「悟りの境地」を表現したもの。
アサナマンダラを用いたゆったりとした深い呼吸とともに流れる動きの中で、深く神秘的な身体や心の内側へと眼を開いていきましょう。
 
◇ワーク① アサナマンダラWS
アサナマンダラのシークエンスやアーサナをゆっくり丁寧に解説を聞きながら学ぶワークショップです。
いつもの練習の中でこ質問などにも答えていきます。
 
◇ワーク② アサナマンダラストレッチ
アサナマンダラのメソッドを使って、普段動かさない領域まで深めていくと、自分の可動域に驚かされる。
そして身体の中で今まで滞っていたことろまでも、のびのびとエネルギーが動き始めるのを感じられます。
 
◇ワーク③ アサナマンダラフロー
一日の始まりに、高野山という神聖な場のエネルギー、朝の心地よく清らかな空気に包まれて、
Kazuya先生のアサナマンダラのリードによって、何も考えず、その場の流れに身を任せて動いていきます。
 

◇ワーク④ 森ヨガ・瞑想
高野山の悠々たる森林の中でKazuya先生のリードでヨガと瞑想を行います。このリトリートの中で一番スペシャルなクラスです。
 

◇ワーク⑤ セルフプラクティス(マイソールスタイル)
自由参加、自由なスタイルでのアサナの練習、瞑想などを各自で行い、それを和也先生が、見守り、アジャストやアドバイスを交えて指導してくれます。
リトリート時期の高野山の日の出はちょうど5時ごろ。インドでも神々が更に上位の神々に祈りを捧げるという時間帯。高野山でも117ヵ寺あるという各お寺や奥の院空海の御廟で朝の読経が行われ、高野山全体が祈りに染まる時間帯です。
暗闇から太陽が昇り始めて、光と温度、万物が目覚めてエネルギーが増していく神聖な時間に、澄み切った空気の中での練習を体験してみてください。
 
◇ワーク⑥ プラーナーヤーマー・メディテーションWS(呼吸法と瞑想)
リトリートの最後は自分自身を見つめる静かな時間を過ごします。3日間の高野山で出会った人や、自然、時間がどんな風に染み込んでいるのか…内なる自分自身と向き合ったり、自分と全てものとの境界線をなくして繋がる心地よさを味わったり、やさしさを広げてみたり、、、
聖なる山でKazuya先生のリードによってどんな瞑想時間になるのか、楽しんでください。
 
 

【持ち物】

・上下動きやすい服装(朝晩冷え込むこともあるので、羽織れるものもあればいいです)
・ヨガマット
・歩きやすい靴
・筆記用具等
・宿泊準備
※お部屋に備え付けのアメニティ
お部屋:ハンドタオル バスタオル ハブラシセット 浴衣 丹前 セーフティーボックス
大浴場:ボディーソープ リンスインシャンプー 石鹸 ドライヤー

 

【アクセス】

南海電鉄 難波駅から 高野線 高野山駅までは、
特急で1時間30分(1日4本程度)
急行で1時間50分(40分毎発車)
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩2分

◆講師プロフール

柳本 和也/Kazuya Yanagimoto
 
4歳から少林寺拳法やサッカー、1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。
サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。
帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。
IYCティーチャートレーニング修了。
2010年インドゴアにて、Rolf&Marciに師事。
2010年Chuck&Mati ティーチャートレーニング修了。
2009~2012年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。
2008~2013年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。
2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにで講師を務める。
2013年 ジャマイカで行われた、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。ソウルで行われたコリアンヨガカンファレンスにて講師を務める。
2015年より自身が考案した「Asana Mandala(アサナマンダラ)」Teachers’ Trainingを日本各地で開催している。
 
ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベントにも積極的に参加し活動中。
また、日本各地、海外でkazuya yanagimotoによるリトリートも開催。
 
HP http://kazuyayoga.com

 
 
過去の開催写真
https://www.facebook.com/pg/biotopeyogastudio/photos/?tab=album&album_id=1846171475500526
https://www.facebook.com/pg/biotopeyogastudio/photos/?tab=album&album_id=987965051321177
https://www.facebook.com/pg/biotopeyogastudio/photos/?tab=album&album_id=900788593372157
その他多数。FBページのアルバムからご覧ください。
https://www.facebook.com/pg/biotopeyogastudio/photos/?tab=albums

2019 , 04 , 20 09:53

高野山リトリート2018秋 with Kazuya Yanagimoto

「秋山明浄にして粧うが如く」
秋の澄んだ空気のなかで、山が彩られていく華やかな季節。
 
2018秋の高野山リトリートは、柳本和也先生と共に過ごすリトリートです。
 
何事も自分のやりたいようにその時その時を楽しみきるKazuya先生のリードに導かれ
身体も心も軽やかにリラックスして楽しむリトリート。
深く考えず、笑顔で瞬間に起こるキセキを味わいましょう。
 
日々忙しすぎて毎日が風のように過ぎてくなーと思う人。
悠久の時間の中で存分にヨーガをして、
ナイトツアーや観光の時間もじっくりとってありますので
真言密教の聖地の世界を体験して、
のんびーり 自分を癒して、
彩られる時間を楽しんで過ごしてください。
 

世界遺産 高野山の詳しい情報はコチラをご参考に→http://www.shukubo.net/contents/

**************************************
高野山リトリート2018秋 with Kazuya Yanagimoto

 

【開催日】
10月12日(金)、13日(土)、14日(日) (2泊3日)
 
【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html
 
お部屋から美しいお庭が臨め、皆さんとても親切で、とても素敵な宿坊です♪
練習場としてお借りする阿字観道場は、お庭の上に建てられていて、まるで宇宙か海の中でいるような心地になる青の絨毯。そこで戸を開けて、美味しい空気の中でのヨガは格別です☆
 
※このリトリートは現地集合・解散となります。
 
【講師】
柳本 和也 (Kazuya Yanagimoto)
 
【定員】
30名程度 (男女の参加人数により変動あり)
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
【参加費】
早割り 48,000円(8月31日までのご予約)
通 常 50,000円(9月1日~)
事前入金制(お申込み日から一週間以内)
 
※参加費に含まれるもの:宿泊費・食事(朝食2・夕食2)・WS代
※参加費に含まれないもの:現地までの交通費・昼食・奥の院ナイトツアー代(雨天中止の可能性もあるため別途。参加人数により金額は変動します。だいたい1000円未満の予定。)
 
【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。
・銀行振込の場合、仮予約された方に振込先をご連絡いたします。
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、自動的にキャンセルとなり、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂きますのでご注意ください。
 
《キャンセル料について》
・8/31まで キャンセル料なし
・9/1~9/15まで 15%
・9/16~9/30まで 30%
・10/1~10/11まで 50%
・当日 100%
 
【お申込み方法】
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
お申込み後、1週間以内にお振込みにて参加費をお支払いください。
お申込みの方にメールにてお振込先をご連絡いたします。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。
 
【大まかなスケジュール】
(天候等により変更となる場合がございます。ワークの内容もその場の流れ等を汲んで変更となることがございます。予めご了承ください。)
 
◆2018/10/12(金)
14:00 集合 オリエンテーション
14:30 ワーク① アサナマンダラストレッチ
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
18:30 奥の院ナイトツアー(自由参加)
 
◆2018/10/13(土)
5:00 ワーク② アサナマンダラフロー
6:30 朝の勤行(自由参加)
7:00 護摩祈祷(自由参加)
7:30 朝食(精進料理)
9:30 ワーク③ アサナマンダラWS
11:30 
 自由時間 昼食(各自)
16:30 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:30 サットサンガ
 
◆2018/10/14(日)
5:00 ワーク④ セルフプラクティス
6:30 朝の勤行(自由参加)
7:00 護摩祈祷(自由参加)
7:30 朝食(精進料理)
9:30 ワーク⑤プラーナーヤーマー・メディテーションWS(呼吸法と瞑想)
11:30 解散
 

【クラス内容】

<アサナマンダラ>
密教での瞑想の道具、仏の世界図『曼荼羅(マンダラ)』を描くように、フローの中でマットの上に様々な「マンダラ=聖なる円・輪」を描いていきます。
身体の中の一つ一つの細胞から、宇宙に軌道を描く星々まで、全ては円形・輪で成り立っています。
果てしなく循環する日々や四季、生と死、といった時間もまた円環によって表されます。
和也先生の、生徒の身体の感覚を読み取る鋭い感性とリードによって、円を描きながらバラバラに解されていく身体の各部位。
それを再び統合させて、快適で安定したアーサナに辿り着いていきます。
肩や股関節、背骨・・・と各部位に描き出したマンダラを、身体全体に展開し、
もはや単なる絵図ではなく心身そのものをマンダラ化していくように・・・
 
また、マンダラは、マンダ(真髄・本質)+ラ(得る)=「本質を得る」すなわち「悟りの境地」を表現したもの。
アサナマンダラを用いたゆったりとした深い呼吸とともに流れる動きの中で、深く神秘的な身体や心の内側へと眼を開いていきましょう。
 
◇ワーク① アサナマンダラストレッチ
アサナマンダラのメソッドを使って、普段動かさない領域まで深めていくと、自分の可動域に驚かされる。
そして身体の中で今まで滞っていたことろまでも、のびのびとエネルギーが動き始めるのを感じられます。
高野山までの長旅で疲れた体をまずは解していきましょう。
 
◇ワーク② アサナマンダラフロー
一日の始まりに、高野山という神聖な場のエネルギー、朝の心地よく清らかな空気に包まれて、
Kazuya先生のアサナマンダラのリードによって、何も考えず、その場の流れに身を任せて動いていきます。
 

◇ワーク③ アサナマンダラWS
アサナマンダラのシークエンスやアーサナをゆっくり丁寧に解説を聞きながら学ぶワークショップです。
いつもの練習や、朝のフローの中からの質問などに答えていきます。
 
◇ワーク④ セルフプラクティス
自由参加、自由なスタイルでのアサナの練習、瞑想などを各自で行い、
それを和也先生が、見守り、アジャストやアドバイスを交えて指導してくれます。
リトリート時期の高野山の日のでは6:00ごろです。
インドでも神々が更に上位の神々に祈りを捧げるという時間帯。
高野山でも117ヵ寺あるという各お寺や奥の院空海の御廟で朝の読経が行われ、高野山全体が祈りに染まる時間帯です。
太陽が昇る前の暗闇から、太陽が昇り始めて光と暖かさが満ちていくこの神聖な時間帯、澄み切った空気の中での練習を体験してみてください。
 
◇ワーク⑤ プラーナーヤーマー・メディテーションWS(呼吸法と瞑想)
リトリートの最後は自分自身を見つめる静かな時間を過ごします。
3日間の高野山で出会った人や、自然、時間がどんな風に染み込んでいるのか…
内なる自分自身と向き合ったり
自分と全てものとの境界線をなくして繋がる心地よさを味わったり
やさしさを広げてみたり、、、
聖なる山でKazuya先生のリードによってどんな瞑想時間になるのか、楽しんでください。
 
◆講師プロフール

柳本 和也/Kazuya Yanagimoto
 
4歳から少林寺拳法やサッカー、1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。
サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。
帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。
IYCティーチャートレーニング修了。
2010年インドゴアにて、Rolf&Marciに師事。
2010年Chuck&Mati ティーチャートレーニング修了。
2009~2012年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。
2008~2013年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。
2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにで講師を務める。
2013年 ジャマイカで行われた、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。ソウルで行われたコリアンヨガカンファレンスにて講師を務める。
2015年より自身が考案した「Asana Mandala(アサナマンダラ)」Teachers’ Trainingを日本各地で開催している。
 
ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベントにも積極的に参加し活動中。
また、日本各地、海外でkazuya yanagimotoによるリトリートも開催。
 
HP http://kazuyayoga.com

2018 , 08 , 11 19:00

高野山リトリート2018夏 with Doni

鬱蒼と生い茂る木々によって隔てられた山上のサンクチュアリ 天空のまち 高野山。
今年も、地上に現れた宇宙∞聖なる山でヨーガリトリートを開催します!
 
夏のリトリートをリードしてくれるのは、去年も大好評だった Doni先生(注:日本人)
 
今年のテーマは「ヨーガの知識が照らす道。生きるヨーガを学ぶ旅。」

 

1年の大半をヨーガの地・インドで、日が昇る前からアシュターンガヨーガをし、ヴェーダやヴェーダーンタの学びに触れながら、とてもシンプルで穏やかに流れる毎日を過ごしているドニ先生から”ヨーガとは何か”を伝えていただこうと思います。

 

昨年は、<食べること、祈ること、ヨガすること>をテーマで
呼吸法やアーサナをして、Doni​先生の話に耳を傾け、密教の聖地で純粋に祈って、愛情が込められた精進料理を食べて、、、
充実した美しい一日が終わって眠りにつき、一朝毎に昇る太陽とともにリトリートという特別の場所で輝く一日が始まるのを感じるのは、もちろんのこと、
クラスやサットサンガ、儀式の最後に一度目を瞑り、、、そして目を開ける度に確かにどんどんキラキラ輝きが増していくのを感じたDoni先生のリトリート。

 

今年は、では、「なぜヨーガを学んでいるのだろう?」
もう少し<ヨーガとは??>と踏み込んだことを学ぶ時間で埋め尽くしたリトリートにします。
 
向かっている先はひとつ。
 
これからヨーガを始めてみよう、という方にも、ここがSTARTになれば歩むヨーガの道がとても素晴らしいものになると思います。
日常生活を離れて学ぶことに集中できることそうありません。
しかも、祈りに満ちた聖地・高野山という特別な場所で。
仕事や家事やその他諸々のことに戻されることなく、
途切れず学びに集中できる貴重な時間を一緒に大切に過ごしましょう。
 
そして、高野山を降りた先にある自分の日常(ダルマ)。
それも与えられた大切な時間、場所。
それらが輝いて見えるための
それらと調和して居られるための
カケラをこのリトリートで学び持ち帰ってもらえるように。。。
 
そんな想いもギュッと閉じ込めて組んだリトリートです!
リトリートでの新たな繋がり(ヨーガ)も楽しみに♡
宗教、宗派、人獣の差を問わず全てを受け入れ慈しんできた空海や高野山という地。
それに倣って、ヨガの流派、経験の差を問わずの募集です。
初心者の方も、ご心配、ご遠慮なくご参加ください。
 
お部屋に限りがありますので、定員は30名程度となります。
人気のリトリートですので、お早目にお申し込みください。

世界遺産 高野山の詳しい情報はコチラをご参考に→http://www.shukubo.net/contents/

**************************************
高野山リトリート2018夏 with Doni  

 

【開催日】
7月14日(土)、15日(日)、16日(月祝) (2泊3日)

【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html

 

お部屋から美しいお庭が臨め、皆さんとても親切で何不自由なく過ごせる、とても素敵な宿坊です。
ちょっとした旅館よりも豪華で、おそらく宿坊のイメージが変わると思います。
ヨーガの練習場としてお借りする阿字観道場は、お庭の上に建てられていて、まるで宇宙か海の中でいるような心地になる青の絨毯。窓を開けて、美味しい空気の中でのヨガの時間は最高です◎

 

※このリトリートは現地集合・解散となります。
交通手段等ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくスタジオまでお問い合わせください。

 

【講師】
Doni (Yoshiaki Nagano)
 
【定員】
30名程度 (男女の参加人数により変動あり)
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
【参加費】
通常 48,000円(6/1以降)
早割 46,500円(5/31まで)

◇事前入金制(お申込み日から一週間以内)

 

※参加費に含まれるもの:
2泊3日参加の方:2泊宿泊費・食事(朝食2・昼食1・夕食2)・ワークショップ8クラスの参加費
※参加費に含まれないもの:
現地までの交通費・観光寺院等での入館料

 

【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。(お申込みされた方に振込先をご連絡いたします。)
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
ご連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂くこともございますのでご注意ください。

 

《キャンセル料について》
・5/31まで キャンセル料なし
・6/1~6/15まで 15%
・6/16~6/30まで 30%
・7/1~7/13まで 50%
・当日 100%

 

【お申込み方法】
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
お申込み後、1週間以内にお振込みにて参加費をお支払いください。
お申込みの方にメールにてお振込先をご連絡いたします。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。

 

●大まかなスケジュール

(変更となることがございます。予めご了承ください。)

◆2018/7/14(土)

14:00  集合 オリエンテーション
14:30   WS①プラーナーヤーマ&オープナーWS
16:30  阿字観瞑想(自由参加)
17:30  夕食(精進料理)
19:15  WS② 生きるヨーガvol.1(座学)

 

◆2018/7/15(日)

5:00  WS③ プラーナーヤーマ&マイソールスタイルへの道
6:30  恵光院 朝の勤行
7:00  護摩祈祷
7:30  朝食(精進料理)
9:00  WS④ アライメントWS
12:00  昼食(精進寿司)
14:00  WS⑤ 写仏
16:30  阿字観瞑想(自由参加)
17:30  夕食(精進料理)
19:15  WS⑥ 生きるヨーガ vol.2(座学)

 

◆2018/7/16(月祝)

5:00  WS⑦ マイソール(セルフプラクティス)
6:30  恵光院 朝の勤行
7:00  護摩祈祷
7:30  朝食(精進料理)
9:30  WS⑧  生きるヨーガ vol.3(まとめQ&A)
12:00  解散

 

前後、高野山観光などをもっと楽しみたい方は、前泊、延泊等、恵光院さんに直接お問い合わせください。

 

●クラス内容

WS① プラーナーヤーマ&オープナーWS

日々の生活からリトリートに入る準備として、プラーナーヤーマによるクリアと、ゆっくりと時間をかけて身体の詰まりをとるアーサナを行います。

▶WS② 生きるヨーガ vol.1

ヨーガとは何なのか。八支則やヨーガの世界に触れる座学。
普段の練習や生活の疑問についても、ヨーガの世界を通して考えてみましょう。

▶WS③ プラーナーヤーマ&マイソールスタイルへの道

ヨーガのクラスだけでなく、日々の生活にヨーガを取り込むためにマイソールスタイルの世界に触れてみます。初めての方でも入りやすいよう、まずは解説をしながらクラスを進めます。翌朝のマイソールクラス、そしてこれからのセルフプラクティスのために。

▶WS④ アライメントWS

すべてのアーサナの基本となる身体の使い方をベーシックなアーサナを通して見つめていきます。
簡単だと思っていたアーサナは実は難しく、難しいと思っていたアーサナは意外とシンプル。
身体の仕組みの基礎を理解していきましょう。

▶WS⑤ 写仏WS

祈りの文化が根付く高野山という土地で、ヨーガの八支則にもある“イーシュワラプラニダーナ”を写仏を楽しみながら考えてみましょう。
出来上がったものは持ち帰って、対象を想う練習を続けられるように。山を下りても祈るということを身近にしてもらえるきっかけになればと思います。

▶WS⑥ 生きるヨーガ vol.2

なぜ、私たちはヨーガを実践しているのか。参加者の方と意見を交えながらの座学。
ヨーガを学べば学ぶほど、なんだか何かに固執してしまうことも。
改めてなぜヨーガを実践し、何に向かっているのかを考えてみましょう。

▶WS⑦ マイソール(セルフプラクティス)

マイソールスタイルでなければ味わえない内側への強い集中と自身への深い気づきをアーサナから見つめていきます。
自由参加、自由なスタイルでのアーサナの練習、瞑想などを各自で行い、
それをDoni先生が、見守り、アジャストやアドバイスを交えて指導してくれます。

▶WS⑧ 生きるヨーガ vol.3(まとめQ&A)

Life is Yoga. Yoga is Journey. これからも続くヨーガの道を歩むため。
アーサナでも生活でもの皆さんの質問に答えながらの座学。
(リトリート中は質問BOXを設置しますのでお気軽になんでもお入れください。)

 

【持ち物】

・上下動きやすい服装(朝晩冷え込むこともあるので、羽織れるものもあればいいです)
・ヨガマット
・筆記用具等
・宿泊準備
※お部屋に備え付けのアメニティ
お部屋:ハンドタオル バスタオル ハブラシセット 浴衣 丹前 セーフティーボックス
大浴場:ボディーソープ リンスインシャンプー 石鹸 ドライヤー

 

【アクセス】

南海電鉄 難波駅から 高野線 高野山駅までは、
特急で1時間30分(1日4本程度)
急行で1時間50分(40分毎発車)
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩2分
 
昨年の高野山リトリートの様子はコチラ!→前半後半

 

【講師プロフィール】

DONI

あらゆる自然の中を旅しながらヨーガを伝えるトラベルティーチャー。
徳島県のオーガニックヴィレッジを拠点とし、山や海、畑などの大地に触れる生活を送ることで、自然の中からシンプルな考えや生き方を学ぶ。
毎年、年間の大半をインドで過ごし、Rolf&Marci Naujokatのもとでアシュターンガヨーガとアイアンガーヨーガのプラクティスを行う。
現在はシャラでの唯一となるアシスタントを任される。
インド・マイソールKPJAYIでのプラクティスやインドのアシュラムでの生活からヴェーダーンタの知識を学び、日々実践、探求を続ける。
「食」の考え方を伝えるため「ヨガとごはん」を結成し、日々の食事からもヨーガの知識に触れられるクラスを開催する。

HPhttp://doniashtanga.tumblr.com/
blog https://doniyogayamaumi.wordpress.com

2018 , 04 , 16 10:57

高野山リトリート2017 with Doni

鬱蒼と生い茂る木々によって隔てられた山上のサンクチュアリ 天空のまち 高野山
地上に現れた宇宙∞聖なる山 高野山でのヨガリトリート!
今年も開催します!!

 
今年のテーマは「食べること。祈ること。ヨガすること。」
講師は、あらゆる自然の中を旅しながらヨガを伝えるDoni先生(注:日本人です)
 
Doni先生は、この約1年の間に11ヶ月(!)という時間をインドで過ごし、
“ヨガして、豊かなものを食べて、自然で遊ぶ”
というシンプルで穏やかに流れる毎日の中で多くの事を学んできたそうです。
 
<食べること>
渡印前の2年間は、京都で「社会福祉法人オリーブの会」の協力のもと
「ドニさんの家」(http://donihouse.com)というスペースに住み、
食に関するワークショップやライフスタイルを提唱した活動を行っていたDoni先生。
その活動は全国の福祉施設の活動の中でも大賞(http://award.goodjobproject.com)を受賞。
▶Yahooニュース記事
リトリート中は全食、精進料理(ベジ)をいただき、「食べること」を考えます。
 
<祈ること>
Doni先生は祈りの美しさにインドの虜となり、インドでの学びによって、
“世界はまだまだ輝き、歌い、踊っている。祈るということがどれほど美しく、喜びに溢れたものなのか。”
と今まで見ていた世界はさらに輝きを増してインドがさらに好きになったそうです。
インドと同じように朝夕の祈りの儀式が1200年以上もの間行われてきた地-高野山-で、「祈ること」について感じ取れるような機会もスケジュールに組み込んでいます。
特定の神や仏というわけでなく、自分の身体や心も含めた世界に。
美しさと喜びを。
6回目を迎えたBiotope高野山リトリート、今回特別に非公開の場所にも訪れます。
 
<ヨガすること>
そして、アシュタンガヨガを実践されている先生ですが、
このリトリートでは、初心者の方にも分かりやすいように、日々の生活でも取り入れられるように、と丁寧に基本から教えていただきます。
さらに、ヨガとは何なのか。ヨガという生き方とは何なのか。
とアーサナをするヨガからさらに深く「ヨガすること」を見つめていく時間に。。。
 
リトリートでの新たな繋がり(ヨガ)も楽しみに♡
宗教、宗派、人獣の差を問わず全てを受け入れ慈しんできた空海や高野山という地。それに倣って、ヨガの流派、経験の差を問わずの募集です。
初心者の方も、ご心配、ご遠慮なくご参加ください。
 
高野山という土地の自然や文化と、参加する皆さんやDoni先生と、、、皆、深いご縁で繋がって有難く輝く時間を共に過ごせますように。。。
 
まさに「食べること。祈ること。ヨガすること。」に深く根付いて生活しているDoni先生と一緒に
食べるということは? ヨガすることとはどういうことなのか? そして、祈りが満ちている高野山で、祈ることの美しさや喜びについても感じる3日間になれば、と思っています。
 
お部屋に限りがありますので、今回も定員は30名程度となります。
人気のリトリートです!お早目にお申し込みください。
 
世界遺産 高野山の詳しい情報はコチラをご参考に→http://www.shukubo.net/contents/
 
**************************************
高野山リトリート2017 with Doni  
 
【開催日】
7月15日(土)、16日(日)、17日(月祝) (2泊3日)
※1泊2日の受付も開始したいます!
1泊2日プラン① 7/15~16 (原則、7/16 16:00頃 高野山散策後解散。)
1泊2日プラン② 7/16~17 (原則、7/16 12:00<昼食>から合流。)
上記以外の合流、解散の時間をご希望の場合は一度スタジオまでご相談ください。

 
【開催場所】
宿坊 準別格本山 恵光院
648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514 Fax. 0736-56-2891
http://www.ekoin.jp/introduction/index.html
 
お部屋から美しいお庭が臨め、皆さんとても親切で何不自由なく過ごせる、とても素敵な宿坊です。
ちょっとした旅館よりも豪華で、おそらく宿坊のイメージが変わると思います。
ヨガの練習場としてお借りする阿字観道場は、お庭の上に建てられていて、まるで宇宙か海の中でいるような心地になる青の絨毯。窓を開けて、美味しい空気の中でのヨガの時間は最高です◎
 
※このリトリートは現地集合・解散となります。
交通手段等ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくスタジオまでお問い合わせください。
 
【講師】
Doni (Yoshiaki Nagano)
 
【定員】
30名程度 (男女の参加人数により変動あり)
※お部屋は男女別の相部屋となります。予めご了承ください。
 
【参加費】
2泊3日 45,000円
1泊2日①(7/15~16) 29,500円
1泊2日②(7/16~17) 22,000円
事前入金制(お申込み日から一週間以内)
 
※参加費に含まれるもの:
 2泊3日参加の方:2泊宿泊費・食事(朝食2・昼食1・夕食2)・ワークショップ4、サットサンガ2の参加費
 1泊2日①の方:1泊宿泊費・食事(朝食1・昼食1・夕食1)・ワークショップ3、サットサンンガ1の参加費
 1泊2日②の方:1泊宿泊費・食事(朝食1・昼食1・夕食1)・ワークショップ1、サットサンンガ1の参加費
※参加費に含まれないもの:現地までの交通費・観光寺院等での入館料
 
【お支払い方法】
お申し込み後、一週間以内にスタジオにてお支払いいただくか、お振込でお願いします。(お申込みされた方に振込先をご連絡いたします。)
ご入金をいただくまでは仮予約となり、ご入金をいただいて予約完了となります。
ご連絡なく1週間以内にご入金が確認できない場合、キャンセル待ちの方にお席をお譲り頂くこともございますのでご注意ください。
 
《キャンセル料について》
・5/31まで キャンセル料なし
・6/1~6/15まで 15%
・6/16~6/30まで 30%
・7/1~7/14まで 50%
・当日 100%
 
【お申込み方法】
・Biotope受付にて
・ホームページのご予約フォーム http://biotope-yoga.com/reservation.html から
・メール info@biotope-yoga.com
お申込み後、1週間以内にお振込みにて参加費をお支払いください。
お申込みの方にメールにてお振込先をご連絡いたします。
※お電話でのお申し込みは受付できませんのでご了承ください。
 

●大まかなスケジュール

(天候等により変更となる場合がございます。ワークの内容もその場の流れ等を汲んで変更となることがございます。予めご了承ください。)
 

◆2017/7/15(土)

14:00  集合 オリエンテーション
14:30  WS①「プラナーヤマ&ベーシックアライメントWS(シッティング編)」
16:30  阿字観瞑想(自由参加)
17:30  夕食(精進料理)
19:15  サットサンガ
 

◆2017/7/16(日)

5:00  WS②「プラナーヤマ&アシュタンガベーシックWS」
6:30  恵光院 朝の勤行
7:00  護摩祈祷
7:30  朝食(精進料理)
9:30  WS③「ベーシックアライメントWS(シッティング&スタンディング編)」
12:00  <1泊2日②の方はここから合流>
     昼食(精進寿司)
13:00  高野山散策
    <1泊2日①の方はここで解散>
16:30  阿字観瞑想(自由参加)
17:30  夕食(精進料理)
19:15  サットサンガ
 

◆2017/7/17(月祝)

5:00  奥の院へ 
6:00  奥の院 朝餉 勤行
8:00  朝食(精進料理)
10:00  WS④「ベーシックアライメントWS(後屈&逆転アーサナ編)」
13:00  解散
 
前後、高野山をもっと楽しみたい方は、前泊、延泊等、恵光院さんに直接お問い合わせください。
 

●クラス内容

▶プラナーヤマ

ベーシックなプラナーヤマから、クリアとメディテーションを行います。
身体とつながるココロを呼吸法から見つめていきましょう。
アーサナと同じく呼吸が広がるにつれて見えてくるプラナーヤマのおもしろい世界。
プラナーヤマで見つめた身体の使い方にはアーサナに通じるヒントもたくさん隠れています。
日々の生活でもプラナーヤマを取り込めるよう、基礎から少しずつ呼吸を広げていきましょう。
 

▶ベーシックアライメント

すべてのアーサナに通じる基本の姿勢や身体の使い方を様々なアーサナを通して見つめていきます。
どんな基本のアーサナも、どんな難しく見えるアーサナも、実は身体の使い方は同じ。
簡単に見えて、実は難しい。使っているようで、使えていない身体の基礎。
身体の構造を理解していくことで、それぞれのアーサナの理解は深まり、ヨガのプラクティスはもちろん、日常の生活からもきっと様々な気づきを与えてくれます。
身体とは何かを知り、怪我をしないための練習を意識してみましょう。
 

▶アシュタンガベーシック

太陽礼拝からはじまるアシュタンガヨガをカウントに合わせて行っていきます。
流れるような動きと呼吸から生まれる深い集中は、普段では見つめにくい自分の内側にしっかりと意識を向けさせてくれます。
太陽と共に目覚め始める様々な生き物と同じように、朝の澄んだエネルギーをしっかりと取り込み身体とココロを目覚めさせていきましょう。
 

▶サットサンガ

ヨガとは何なのか。ヨガという生き方とは何なのか。
自然の中を旅しながらヨガを学び、年間の多くをインドで過ごしているというDoni先生の経験の中で気づいたヨガの知識を、ヴェーダや様々な目線からお話ししていただきます。
また、Good Job! Award 2015 大賞を受賞した「ドニさんの家」では食やカラダを見つめ直すようなワークショップも開催されてきたというDoni先生。「食べること」についても聞かせていただいます。
普段の生活やヨガのプラクティスでの疑問や質問を参加者全員でもトークセッションしてみましょう。

 

【持ち物】

・上下動きやすい服装(朝晩冷え込むこともあるので、羽織れるものもあればいいです)
・ヨガマット
・筆記用具等
・宿泊準備
※お部屋に備え付けのアメニティ
お部屋:ハンドタオル バスタオル ハブラシセット 浴衣 丹前 セーフティーボックス
大浴場:ボディーソープ リンスインシャンプー 石鹸 ドライヤー
 

【アクセス】

南海電鉄 難波駅から 高野線 高野山駅までは、
特急で1時間30分(1日4本程度)
急行で1時間50分(40分毎発車)
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩2分
 
昨年の高野山リトリートの様子はコチラ!→1日目2日目3日目
 

【講師プロフィール】

DONI

あらゆる自然の中を旅しながらヨガを伝えるトラベルティーチャー。
山や海、畑などの大地に触れる生活を送ることで、自然の中からシンプルな考えや生き方を学ぶ。
年間の大半をインドで過ごし、Rolf&Marci Naujokatのもとでアシュタンガヨガとアイアンガーヨガのプラクティスとアシスタントを行う。
インド・マイソールKPJAYIでのプラクティスやSwami Cetananandajiの元でヴェーダーンタの知識を深めながら日々の実践、探求を続ける。
 
HPhttp://doniashtanga.tumblr.com/
blog https://doniyogayamaumi.wordpress.com

2017 , 04 , 08 00:04